日本は雨が多いことで飲料水が確保され、豊かな農作物の収穫があります。しかし最近は、異常気象により線状降水帯が発生し被害をもたらしています。
 

 今年は九州各地で河川の氾濫があり、岐阜県でも甚大な被害がありました。日本は、江戸時代から「川の氾濫」に悩まされてきました。政治や行政は「最低限の生活を確保する」ためにあります。水害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、一刻も早い復旧復興をお願いします。
 

 さて、新型コロナ感染防止対策に頭を悩ます昨今ですが、世界でこれほど対応が異なるとは思っていませんでした。
 

 7/12現在、米国では感染者324万人/死者13万人、ブラジルでは感染者183万人/死者7万人、イギリスでは感染者28万人/死者4万人が発表されています。世界にはマスクをしない文化、人に感染させないようにする気遣いの文化が欠けているように思います。また、感染拡大している国は、相対的に「個人主義の強い国」のようです。今後、アフリカにも蔓延すると言われています。
 

 日本が終息出来ても、世界で蔓延していれば 2020東京オリンピックは「幻になる」可能性が大きいと思います。是非、コロナが終息し、東京オリンピック開催を願っています。
 

 このよう状況の中でも、米国、中国、東南アジア、中東、オセアニア、ヨーロッパ、ロシア、南米などの国々と貿易をしなければなりません。単純に考えれば「無理」という言葉が出てしまいます。しかし、昭和20年に日本全国「焼け野原」になり70年かけて今日を築きあげてきました。「時代が違う、状況が違う」と出来ないこと述べれば「キリがありません」日本は、「出来ないと思われたことを実行してきた団結力のある国」なのです。
 

 昨今は、若者と戦後を作り上げてきた人たちの考え方にギャップがあるようです。コロナ対策でも、若者は軽症、老人は重症となり「弱者を気遣う行動」が求められています。また、「7/1からレジ袋有料化」も海洋生物を保護する観点で必要な施策です。すると「自分に厳しく、他人や環境に優しい社会」がキーワードです。
 

 昔の日本には「忠義を尽くす」という言葉があり、「自身の欲を捨て、相手に尽くす」文化がありました。思うようにならなくても、たとえ裏切られても正義を貫く気持ちを持ち続けるのが日本人と教えられてきました。
 

 コロナウィルスが感染拡大し、医療従事者の心労は増しています。ナイチンゲールや野口英世の気持ちで医療に取り組んでいます。「医は仁術」であるとともに、地球上の生き物に対しても「人間は心で接する」必要があります。
日本はGNP世界第3位になりましたが、世界平和を願う気持ちは、世界第1位と信じています。

 

 コロナ対策だけではなく、戦後70年100年後に「世界平和のリーダーになること」が先人たちの想いだったと信じ、それを裏切らない行動をとることが、現代を生きる日本人の役目と思っています。