地球に住めなくなる日

  「気候崩壊」の避けられない真実

   デイビッドウォレス・ウエルズ

   藤井留美=訳

 

 「知られざる戦慄の未来」

   ニューヨーク・タイムズ紙

   ベストセラー1位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14章 グローバル化する感染症

 

 岩石は地球の歴史の記録だ。何百万年という時間がほんの数センチの地層に凝縮されている。氷も同様で、過去の気候の変化を記した台帳のような存在だ。ただしこちらは、融けると歴史の一部が息を吹きかえす。北極圏に閉じこめられていた病原菌が、空気中に出てくることもあるのだ。もしそれが、過去に人間と接触したことのないものであれば、私たちの免疫システムは戦うすべを持たない。

 

 すでに実験室レベルでは復活例が報告されている。2005年には3万2千年前の「極限環境微生物」が生きかえったし、2007年には800万年前の微生物を蘇生させることに成功した。あるロシア人科学者は、350万年前の微生物を好奇心から自ら体内に注入した(幸い異常がなかった)。そして2018年には大物が復活する。4万2千年前に永久凍土に閉じ込められた線虫が息を吹きかえしたのだ。

 

 北極圏にはもっと新しくもっと恐ろしい病原菌も眠っている。アラスカで見つかったのは、1918年に大流行して5億人が感染し、5千万人が死亡したインフルエンザ、いわゆるスペイン風邪のウイルスの残党だ。5千万人というと当時の世界人口の約3%であり、時を同じくする第一次世界大戦の死者の6倍近い。シベリアの永久凍土には、ほかにも天然痘ウイルスやペスト菌など、過去に人類を大いに苦しめた病原菌が潜んでいるのではないか。研究者はそう考えている。

 

 氷づけの生命体もすべてがしぶとく生きのびるわけではないし、復活といっても条件の整った実験室での話だ。ところが2016年、シベリアの奥地で少年が炭疽で死亡し、ほかに住民20人の炭疽菌感染が確認された。トナカイも2千頭以上が死んでいる。原因は永久凍土が融け、75年前に炭疽で死んだトナカイの死骸が露出して、炭疽菌が大気中に放出されたためだった。

 

  人生の教養が身につく名言集

   立命館アジア太平洋大学

   学長 出口治明 著

 

 

  「見えないことが見えてくる」縦横思考法

    人間は本質的に無知で、獲得という手段を

    通じて知識を得る

    イブン・ハルドゥーン「歴史序説」

 

 

 

 

 

 

 

 

 【過去のインプットを組み合わせる】 坂本龍一さんの作曲法

 

「どうしてこれほどすごいアイデアが出せるのだ」…。

世の中には周りが驚くほど、発想が豊かな人がいます。

豊かな発想の源はいったい何か。それは持って生まれた「才能」というよりも、その人が持つ膨大な知識の量なのではないかと僕は考えています。

 つまり、インプット次第で、人は誰でもアイデアの達人になれるのです。

 

 昔、音楽家の坂本龍一さんが、機内誌のインタビューでとても興味深いことをおっしゃっていました。

 世界で活躍する坂本さんと私たちは「音楽に非凡な才能を持つ人」と見ますが、ご自信いわく、そのような才能はないのだ、と。あるとすれば、それは子どものころからインプットしてきた音楽の記憶。それらを引出し、組み合わせながら音楽をつくっているだけというのです。

 

 坂本さんのお父様は有名な編集者・坂本一亀(さかもとかずき)さん。仕事では非常に「怖い人」として知られていたそうですが、お子様にはやさしかったようで、息子さんが欲しいと言えば、何枚でもレコードを買ってきてくれたそうです。

 そのおかげで、坂本さんは音楽をインプットしていった。その記憶がその後の坂本さんの音楽の材料となっているというわけです。

 ということは、お父様が坂本さんにレコードを与えていなければ、「音楽家・坂本龍一」は生まれなかったかもしれない。

 

 僕は、この記事を読んだとき、アイデアや発想においても、知識(情報)の蓄積こそがすべてだとあらためて再認識しました。アイデアや発想を豊かにしようと思ったら、知識をどんどんインプットしていくに限る。

 そもそも、まったくゼロから生み出されたアイデアは、人類の長い歴史を見渡してもほとんど存在しないのではないのでしょうか。その前に存在したアイデアを組み合わせたり、あるいは、自分たちの時代に合わせた形に焼き直したりして、「斬新なアイデア」が生み出されていく。

 

 知識の蓄積の中からアイデアが生み出されていくのです。

 だからこそ、「知る」という行為が大切です。

 何も知らなければ、人間の頭の中は空っぽです。ゼロの状態。

 

 知識はいってみれば、材料です。材料がなければ料理ができないように、人間も知識がなければきちんとした思考はできません。思考ができなければアイデアも生まれてくるはずがないのです。

 

 

 ご入園、進級おめでとうございます。 元号が令和になってから、初めての新年度になります。 楽しい幼稚園生活となるよう、教職員一同が努力させていただきます。

 

 現在、世界中が新型コロナウィルス感染に怯えています。 日本でも東京オリンピックが延期され、東京都など感染者の多い都市では週末に外出自粛要請があり、気の抜けない日々が続いています。

 

 当園では、手洗い・うがいの徹底を行い、感染予防に心がける所存です。 ご家庭においても、不要不急の外出を避けていただき、密集場所へ行かないなどの対応をお願いします。 万が一、身近な場所での感染者があったときは、臨時休園などを実施することもあります。ご理解とご協力をお願いします。

 

そこで、ウィルスについてインターネットで調べてみました。

・ウィルスは40億年前に出現したと言われています。

・ウィルスなどの微生物は、薬剤に対する耐性を身につけ対抗してくる。

・人間が免疫力を高めれば、ウィルスはさらに強い毒性を持ってくる。

・人間がワクチンを開発すれば、その裏をかくようにウィルスは「新型」

 を繰り返し出してくる。

・コロナウィルスは紀元前8000年ぐらいに原型ができた。

 その後、じっとしていたが野生動物や家畜に潜んでいた。

・最近では、2002年にSARS(重症急性呼吸器症候群・発生源中国)、

 2012年にMERS(中東呼吸器症候群・サウジアラビアで確認)となり

 人間を脅かしている。

・コロナウィルスの大きさは「1万分の1ミリ」と言われている。

・シルクロードではペスト・天然痘・麻疹が流行。

・ローマ帝国の衰退も感染症が一因と言われている。

・第1次世界大戦のさなかに発生した「スペインかぜ」は推定約1億人が

 亡くなったと言われている。

…以上は、インターネット、人類の敵「ウィルス(1)」 果てしない「軍拡競争」による。

 

 このようなことを知ると、人類は「ウィルスを克服して発展を遂げた」ことが判ります。 逆に考えると、大きな経済発展をしているときに「負の要因」としてウィルスが表れているようです。

 

 そう思うと、現在は、中国では「一帯一路」、米国では「自国優先主義」を掲げ発展を遂げています。 発展を急ぐあまり、衛生環境を疎かにした結果、ウィルスを目覚めさせてしまったのです。 また、第1次世界大戦が遠い過去の出来事になり、「スペインかぜ」の恐怖を知る人がいなくなりました。 「ウィルス恐怖の風化」がウィルスを増殖させてしまった、とも思われます。

 

 東日本大震災のときも、「千年に一度」と言われた「津波の恐怖」が風化された結果、甚大な被害になりました。 今後は、今までの知識と経験を生かし、世界が協力して一刻も早く「新型コロナウィルスが終息できる」ことを願っています。

 

 では、子どもたちは、どのように対処したら良いでしょうか。

 

先ずは、衛生環境の徹底です。

・手洗い、うがいの遂行を徹底します。

・子どもたちが生活する教室や体育館の換気を心がけます。

・大人同士の集団行動に注意を注ぎます。

 

 上記のことを心がけたうえで、 子どもたちには、「人類の歴史」を教え、経験や体験を重ねることで、先人たちの努力が「現代社会で実を結んでいる」ことを指導したいと思っています。

 

具体的には、

1.安全な生活、衛生環境を整える生活として「慎重な行動」

2.良好な人間関係を築く術として「他人に迷惑をかけない生活」

3.衣食住が大切なことから、食べ物や道具に対する「感謝する気持ち」

4.関わりのある人たち(父母様や友だち)に「感謝する気持ち」 を

  指導します。

 

「人間が地球を我がものとして、やりたい放題なことに『他の生物たちに感謝する気持ちを忘れている』」とウィルスが訴えている気がしてなりません。

 

 令和2年度は、全ての人たち、全ての生物に「感謝する」ことを忘れずに、「優しい心を育む」幼児教育を行いたいと思っています。 特別な令和2年度になると思いますが、ご協力をお願いします。 (園長)